2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大黒ラーメン

大黒01以前から気になっていた「大黒ラーメン」に初めてきました。

自転車で50分ほどかかりました。(途中、道を間違えて遠回りになったの)

11時半過ぎに到着。 我ながらいい時間についたな、と思ったら・・・
すでに満席でした。(≧▽≦) さすがは有名店。

10分ほどまって、カウンター席へ。 
はじめてですから、オーソドックスにラーメンを頼みました。あ。それと、張り紙が気になったので「半熟タマゴ」ってのも一緒に。

待っている間に、店内観察。(^^)
壁には有名人のサイン色紙がいっぱい!
有名人と一緒に撮影したスナップ写真も、入口の横壁にたくさん飾ってありました。

ラーメンがやってきました。
大黒02
典型的な熊本ラーメンです。
トッピングは、チャーシューとキクラゲ、ネギと海苔。それに、焦がしニンニクチップ。
「半熟タマゴ」は煮タマゴのことでした。 
中まで味が染みていて、黄身がトロリとして、んんまー(≧▽≦) です。

熊本ラーメンの中には、私にはちょっとしょっぱすぎて、水を飲みながらじゃないと食べにくいって場合もあるんですが、こちらのは、そんなこともなくちょうどよかったです。
見た目よりもあっさり食べられるのは、脂がしつこくなく、味にキレがあるからでしょうね。
時々、プチプチとした焦がしニンニクチップが口の中でアクセントになります。
大黒03完食いたしました。 おいしゅうございました。

画像のお箸は塗り箸です。 
テーブルに、塗り箸とふつうの割り箸の両方があります。選べるのがいいですねー。(^^)


スポンサーサイト

滝をみてきました。

ダンナちゃんがお休みだったので、阿蘇を越えて小国町まで足をのばし、
滝を見てきました。(画像は、クリックで大きくなります)
鍋ヶ滝01
「鍋ヶ滝」という滝です。お茶のコマーシャルに登場したことで、最近は県外からの観光客も増えてるそうです。
高さは7・8メートルくらいで、そう大きくはありませんが、流れ落ちる水の裏側が大きくえぐれていて回りこめるのが特徴です。
鍋ヶ滝02
滝の裏側が望めるところから別名「裏見の滝」(うらみのたき)とも呼ばれてるそうです。
ウラミの滝って・・・・(^^; 語感わるぅ~。
鍋ヶ滝03
滝つぼがほとんどないため、ほんとにすぐ近くまで行って見られます。

すごくキレイでした~ (´▽`人)

晩白柚食べてるんですが…

20080302193349
実家の庭で素人が育てたものなので…
種!多いよ!!
種!デカいし!!(≧▽≦;

お味は、スイーティみたいな感じです。酸味も少なく食べやすいです。

来た、見た、買った。

20061008124357
熊本ローカルネタです。
「テレビタ感謝祭3」に行ってきました。

昼からは藤崎宮例大祭へ行きます。

肥後青太きゅうり

大きくなります
行きつけの八百屋さんで、見つけました。
肥後青太きゅうりです。







大きくなります





マンガ雑誌とくらべると、コノくらいの大きさです。





以前記事にした「水前寺菜」と同じく、「熊本の伝統野菜」だそうです。

切ってみると、中はこんなでした。
大きくなります
育ちすぎだったのか、空洞ができてます。

ここまでくれば、筋っぽいとか、水気が抜けてスカスカになってそうなもんですが、
お味は普通のきゅうりでした。(・_・)

瓜っぽいとか、そういうこともなく、おいしい普通のきゅうりでした。






熊本の伝統野菜について、くわしくは下記をごらんください。

くまもとふるさと野菜
http://www.furusato-yasai.com/jikyuri_dento.html


平成17年度に選定した熊本の伝統野菜は全部で14品目あるそうです。
「水前寺菜」と「肥後青太きゅうり(地きゅうり)」は、ゲット済み。赤ナスもいれたら、3品目か。
残り、11品目・・・・・。

めざせ、コンプリートーーー(≧▽≦)ノ☆(笑)

水前寺菜

ときどき行く八百屋さん(ほんとに八百屋なんです)で、初めて見る野菜があったので買ってみました。

水前寺菜です。
大きくなります
“くまもとの伝統野菜シリーズ”というフレーズに惹かれました。











葉っぱは細長い船形、表は緑色で裏が紫です。
大きくなります大きくなります

パッケージの説明書きによると水前寺菜は別名「金時菜」とも呼ばれるそうです。
名前の由来は、
葉を熱湯に入れると「スイゼンジノリ」に似ているからとか

水前寺の茶席に用いられることが多かったからなど、いろいろな説があるようです。

買ったはいいが、食べ方がわからない。どーしましょー(・_・)

これまたパッケージを見ると
すまし汁や味噌汁にすると、上品な色がでて、春菊に似た風味が楽しめます。

いやぁ。味噌汁ったってねぇ。(==;
紫の色が出て怖いことになりそうな気がするので却下。

おいしい調理法という欄に、
塩をひとつまみ居れた熱湯で1分ほどアク抜きをしてください
とありました。おひたしがよさそうです。これならカンタン。(^^)
さらによく見ると
火を通すとぬめりがでてかわった口あたりも楽しめます
ぬめりですか?(・・;あんまり変わった口あたりになると、旦那ちゃんが食べないから、それはそれでこまるんだけどな…。


と、まぁ、いろいろ迷ったすえに湯がいてお浸しにしていただきました。

葉っぱはぬめりが出ました、出ました。(≧▽≦)
でも、モロヘイヤやツルムラサキほどのネバネバでもありませんのでさほど気になりません。
葉の方には特に味もないのですが、茎にはクセがありました。春菊の茎に似ているけれどちょっと違う…。かなり個性的な風味でした。




水前寺菜についてネットで調べてみました。
18世紀に中国からわたってきたキク科の植物だそうです。
熊本以外では、石川県で「金時菜(キンジナ)」と呼ばれ、江戸時代から栽培される「加賀野菜」のひとつでもあるそうです。
また、沖縄では「ハンダマ」とも呼ばれているとか。
食べ方としては、葉っぱは生のままサラダにしてもいいし、
炒め物にしてもよいようです。

次回は、炒め物にしてみようと思いました。(^▽^)

UFO発見???

大きくなります
住宅街を自転車で徘徊中に、
見つけました。











大きくなります
「なんとかゼミナール」ってなってました。
塾のようです。(^^)

べろーんとぶら下がっている白いものは、こちらの塾から志望校に合格した生徒さんたちの名前みたいでした。(丁度、受験シーズンだったもんで)

大きくなります

よく見ると、顔になってます。入り口の階段部分が口ですね。
かわいいです♪

「ヒノキオ」という映画のキャラクターデザインをした人のデザインを思い出しました。(^^)これよりもっと丸っこいけどね。



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

プロフィール

りんどう

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。